categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category未分類

これも、それも、あれも、どれも

trackback0  comment0
201402012055278b7.jpg


さて2月になりましたね!ほんと早いです。。。

あと1週間もすれば東京に来て1年となります。
1年って。けっこう経ちますね。

振り返るとあっという間で、さらさらさらっと流れた1年でした。
もっとあるでしょう故郷を離れて1年だよ、と突っ込みたいところなのですが
ほんとうに自然に1年経ってたというか「え、あれ、実はこれが本来の暮らしだったんじゃね」
と思えるくらいさらーーっと。。
穏やかに過ごせたということですね。
こうやって過ごせるのも彼のおかげだなと。

自分で言うのもあれだけど、つくづく私は難しい部類の奴だと思うことが頻繁にあるのですが、いや、むずかしいというよりめんどくさい奴…?
めんどくさいところも で、でたーw と言いながら結局のところ はいよ と許してくれる彼に非常に助けられています。
許すというのにもまあ節度や限度があると思うのですが、
その節度や限度をちょっぴりオーバーしても はいよ と背中をぽんぽんしてくれるあたりがほんとうに出来た人だなあと思う昨今です。。



、、はて、あれ、ほんとはもっと浮かれた話をしようと思ってたのでした。しまった。


最近エンゲージリングとか結婚式場とか浮かれた情報を収集してまして、
いーなーいーなーこれいいなーとか思ったことをつらつら書こうと思っていたのでした。

ねー、浮かれてるでしょー。うわー。
以下どうでもいい人にはほんとどうでもいい話なのでたたんでおきます。







指輪って自分で買うのはなんとなく癪だし全然普段つけないから
エンゲージやマリッジ事情も疎くって。

そんでゼクシィ眺めても、あれ広告主体で全然指輪が素敵に見えない…
そればっかりか式場もなんか全部おんなじに見えるんすよね、、
だからちょっと広告費の札束がちらつくゼクシィさんはやめて
ファッション雑誌系列のやつを参考にしようと25ansウエディングを見ることにしました。
たとえ広告費つまれてたっていいからうまいことオブラートに包んだきゅんとする情報を流してくれと思ったわけですね(^o^)
そしたらこれが正解で、求めていた感じの情報が見れました。良かったです。
あとネットとかで調べたり。

いろいろ見た結果、やっぱシャネルかわいいなああと。
可愛さ・品、ココシャネルが作ったブランドイメージ、そこにしびれる憧れるです。
シャネル、よく雑誌の広告やショーウィンドウでため息交じりに見ています。
お化粧品は数個持っているのですがお洋服とかジュエリーになったら手が出ない。(プラダを着た悪魔でアンハサウェイが付けてたパールのネックレスかわいかった…)
そのファインジュエリーでね、ちょうかわいいのがあって。

ひとつめはリュバン ドゥ シャネル。
201402020902011a1.jpg



薬指にくるっとリボンが結ばれるの…ちょうかわいくないですか…
しかし年とったら可愛すぎちゃうデザインかなあ。
キャラによったらいけるか。。。。?
4~50代は厳しいかもしれないけれどおばあちゃまになったら逆にかわいい気がするんですけどねえ。

もうひとつはプルミエールプロメス。
201402020842462b4.jpg
201402020842298b1.jpg

これはね、広告で一目ぼれした。品があって美しいよー。
赤いネイルにも映えるだろうなあ。
この広告みたいにシリーズで重ね付けも素敵だ。

上につけてるエタニティタイプの方はまだあれなんだけど、まんなかに大きいダイヤがでーんと乗ってるほうはこれ一つのお値段で結婚式1回ひらけますねってレベルでお目めが飛び出そうになったのでまあ確実に見てるだけですが。
これ…じっさいどんなひとがもらえるの?海老蔵の奥さんとかになったら?

現実世界の問題は置いといて、これを見て重ね付けイイ!とものすごく思ったのでエンゲージとマリッジ重ね付けしたら映えるデザインを選びたいなと思うようになりました。
指輪をさがすならこの広告をイメージにチョイスしたい。です。



あとはね、ロイヤルアッシャーも気になっています。
なぜかというと以前ネットで見て衝撃を受けたイギリス王室の杖に関わっていた会社だから…
宝石で作られててね、もう女子のというかセーラームーン世代の心をかっさらうような素敵な杖だったのですよ。
20140202092150c06.jpg
この真ん中についている特大ダイヤ、「アフリカの星」という名前がつけられているようですが、このダイヤをカットしたのがアッシャー社(現ロイヤルアッシャー)なのですってよ。

いやーこの写真初めて見たときほんと衝撃的だった…

こんな夢のようなアイテムが現実にあるとはにわかには信じられんです。
これタカラトミーの展示品とかじゃないんすよ、押したら光るボタンとか無いんですよ!
イギリス王室のセプターですよ!!
胸がどきどきして苦しくなります。ロマンチックです。単純です。



そして次は結婚式場ね。
これはもう私の趣味を全部乗せしたら最終的には鹿鳴館でワルツを生演奏で流す方向で決定なのですが
ちょっと無理なのはわかっているので引き算、引き算です。

とりあえず東京都内で、クラシックなところ。
理想は洋館。大正~昭和初期くらいに作られたアンティークだと素晴らしい。
髪型で言うとフィンガーパーマや耳隠しの似合いそうな場所…とかやってたらなかなか数が少ない。

ていうかそもそも旧い洋館で結婚式に使えるようなところが本当に少ない。
都内に絞ったらなおさら無いのですがゲストのことを考えると無意味に横浜まで呼んだりするのも違う気がするのでやっぱり第一条件は東京都内。

そこで第一に浮かんできたのは、、、
三井綱町倶楽部!!
20140202102839d28.jpg

ここね、ほんとにほんとに素敵そうなのですが如何せん会員以外立ち入り禁止の建物で。
三井系のお仕事に勤めている人か、その人からの紹介状がないといけないんです。
しかし調べれば調べるほど素晴らしい場所で…

まず建物は
あの鹿鳴館を設計したジョサイアコンドル博士っていうところでノックアウトでしょー、
そして元々由緒正しい迎賓館とのことで調度品もホンモノです、、
ロダンの作品なども飾られているらしい。
もうこういうのが大好物な私としては垂涎ものの建物であろう所なのです。

ただやっぱり会員以外NGというのがネックで…
三井系にお勤めのひと、うーん。。
探せば居るかなという感じで近しい人では心当たりがないんですよね。
式に呼びたいわけでもないのに無理くり頼むというのも、ちょっとスマートじゃないですよね。
彼にちらっと言ったところやっぱりそこらへんで引っかかっているようで。
まあそこらへんは実際下見をしたときにどーしてもこーしてもここがいい!惚れた!と思った時に考えようかと。
まだ見に行ってもないですものね。ていうか結婚式抜きにしても一度中を見に行きたい。
ウエディングフェアは一般客も入れるようなので無問題です。


もう一つは東京ステーションホテル。
20140202102857138.jpg
言わずもがな、東京駅ですね。
ここも文化財に指定されている建物で、立地よしの大変素敵な場所です。
ホテルだし遠方のゲストへ配慮しようと思ったら申し分ない場所。
ただ…ただ…コストが…
そこらへんをスルーできたらぜひ前向きに検討したい会場です。


さらにもう一つ、銀行倶楽部。
201402021028205aa.jpg
東京駅からほど近いやはりクラシックな建物です。
ここも、是非!と思ったのですがどうやらチャペルが非常に殺風景なもよう。
普段は銀行員専用の会議室に使われているところを結婚式場として使うらしいので仕方ないところではありますが、
ちらっと写真を見たらチャペルには特にこだわりの無かったはずのわたしも んー と思いました。おう、ほんとうに殺風景だった…

あとここらへんは三井綱町倶楽部でも言えることなのですが、関係者専用の倶楽部ということ。
ゲストに銀行マンがいたら「あれ…こいつら関係なくね?」と思われる可能性もなきにしもあらず。
や、そんないけずな考えをするゲストは居ないと思いますが、こちらの心の中の問題としてね。。
というわけで銀行倶楽部はどうしても挙げたいという理由もないのでいまのところ順位が低めです。参考程度に。
ただ、やはり、三井綱町倶楽部のほうほ、、、どうしても挙げたいという部類なので高めです。。。


最後に、代官山 鳳鳴館。
2014020210572094c.jpg
ここはねー、ちょっと前にオープンした結婚式場です。
鹿鳴館ちっくなテーマにして大正ロマン好きな人寄ってこーいといった
私ホイホイなコンセプトの式場です(笑)
ただね、たぶんね、大正ロマンやアンティーク好きな人は、好きな分野をレプリカっぽくされちゃうのを嫌う傾向にあるのではとおもうのですが、私もそうでございまして、ちょっとでもちゃっちさが垣間見えたらやだなーと。
口コミを見ていたら「貴族っぽくてステキでした!」って超ハマっているひとと「ちゃっちい部分を感じちゃった」ってひとがいて、どうなんだろなーと思っています。
まあ実際見に行かないとほんとの事はわかんないのですけどもね。
あと結婚式場の強みとしてドレスの選択肢が多かったり、コストが低く抑えられたり、いろいろ結婚式に特化したオプションがあるのだろうと思っているのでそこらへんは一長一短なのかなと。



まあ何にするにせよ、とどのつまり実物を見ないと何も分からないのでとりあえず今はここに好き勝手書いているだけですw
そもそも結婚式も絶対するのか、エンゲージリングも絶対頂くのか、
そこから話を固めてないので もしするならこれが良い 程度です。
わーん好き勝手考えるのたのしー\(^0^)/
ここまで書いといて、これぜーんぶ頭の中で考えてるだけで何一つ現実とつながっていませんからね。
最終的にはこれ全部覆されているかもしれません。
繰り返す、これは全部ただの机上のお話だ!
 









        
 
http://piyocomame.blog83.fc2.com/tb.php/342-0a660947
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。